2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お勧め♪

ブログについて

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

体験農場のお土産は 間引きした人参♪ 

先週の体験農場で指導員の先生から 間引きした人参を頂きました、どんなものが いついただけるかは不定なのですが 初めてのものも多く体験農場の楽しみの一つになっています。

先生は指導員としての仕事は殆どボランティアみたいなもので 本業は農家のかた、私たち生徒は体験農場で育てる作物だけでなく 先生の畑からの収穫もたまに頂いたりしています、今回のにんじんは 先生の畑で間引きしたものです。(o^∇^o)ノ

間の悪いことに 前日に人参を買ってしまっていたのですが、間引きした人参とはいえ今回の人参は小さいながらも人参です、そして葉っぱがついています。

人参や大根など 根菜は葉っぱ・泥を落として売られていますが、葉っぱがあると栄養が葉っぱにとられてしまうために落として売るそうです、言い換えれば葉っぱ付きで売ってる根菜はとっても新鮮♪ということですね^^

葉っぱ付き&泥つきの人参♪

葉っぱ付き&泥つきの人参♪

まずは人参の食べ方・保存方法などをネットで調べます。

昨日買った人参を消費するまでは こちらのチビ人参は保存して置かないといけませんので 葉を落として泥はそのままに人参を新聞に包み片付けて^^

人参の葉は、灰汁と繊維が強いけれど 油との相性が良く美味しく食べられるということで

スタンダードに天ぷら・おひたしで食べてみました。

繊維が強そうな茎を5cmくらいにカットして天ぷらにしたものは、香り強くて美味しいのですが繊維を噛み切るのが大変で、1~2cmくらいにカットして掻き揚げにしたほうは 人参の葉以外の素材が多すぎて味わえなかった>< 
次回は 茎とにんじんで掻き揚げにしてみよう♪ あと振りかけも作ってみたいな。
 

葉っぱの天ぷら(葉っぱが付いてる 比較的やわらかそうな茎だけ使ったもの)普通に美味しかった、葉っぱのおひたしも予想どうりの味で美味しい♪ 
茹でたにんじんの葉を水で洗ってる時に 水の色が凄くて驚きましたよ、どんだけ灰汁があるんだぁ!!
大量には食べないほうがいいのかな?

Netには葉っぱだけをこそぎ落として さっと湯がいて油系のドレッシングで和えてサラダが美味しいとかともありましたね^^ ん~~美味しいかもぉ。

次回次回 体験農場のお土産 楽しみにしてよぅ。

訪問ありがとぅございます(〃▽〃)

↓ポチッ 応援お願いします、ブログランキング参加中 です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

楽天ポイントを貯める方法 その2 メールde ポイント

楽天 お得活用術 その2 φ(・ω・。)メモメモ...ヘ゜タッ(。-ω-)ノ

メールで楽天ポイントをGetする メールde ポイント

予めメールdeポイントに 申し込み 登録しておくと
クリックポイントがついたメールが送られてきます、このメールを開いてクリックポイントをクリックすると それだけで楽天ポイントが得られます。

   メールde ポイント 登録は こちら   ヘルプは こちら

毎日1~2本 クリックするだけのメールと 簡単なアンケートに答えるメールが送られてきます、
クリックは1ポイントで アンケートメールの方が3ポイントとかで ちょっとだけ高め

私はモノグサなので クリックメールしかやってません。

メールde ポイントでGetしたポイントは1ポイント1円で楽天で買い物に使えて 獲得後のポイントに有効期限はありませんが

と~~~ても昔のメールはクリックしてもポイント獲得できません (゚ー゚)(。_。)ウンウン 

普通は1ヶ月くらいで腐るようですが 物によっては早めの有効期限もあるようです。

毎日1本のクリックメールでポイントを貯めたら、ざっくりと 年間365円のプラス 

リスクなし ネットができればOKなので 誰にでも お勧め^^

私は メールツールの振り分けで アンケートメールをフォルダに入れておいて 2週間くらいに1回 まとめてクリックしてます。

げん玉にも同じようなのがありますが あれはどこかクリックなの非常に分かりにくい・・・・

楽天は大体決まった場所にあるので 楽々ですよ^^

関連記事 楽天ポイント錬金術 でまとめ中

訪問ありがとぅございます(〃▽〃)

↓ポチッ 応援お願いします、ブログランキング参加中 です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »